ぎゃらりい・硯池庵




                                        


                                                         「 乾坤一擲 」  50×95  楠板 白文を刻す
                                運命を賭して、のるかそるかの勝負をすること