2-65

                                                   

                          「 隻 履 達 磨 」    半切1/2  201.04

                      亡くなった達磨が三年後片方の履物を手に持ち西方の国に帰ったという故事
                     (隻履西帰)によって描いた。