ぎゃらりい・硯池庵

     2-27
                                         

                           「 銀 嶺 旭 暉 」   P 50 号      2017.03

                  鈴鹿山脈のすっかり冠雪した冬の峻峰・鎌ヶ岳が朝日を浴びて輝く神々しさに感動した
                  若い時は夏冬問わずよく登った山の一つだから感慨もひとしおである