ぎゃらりい・硯池庵

                              バックナンバー




 ギャラリー第一室

  季節の水墨画小品


 ギャラリー第二室 2

  最近の水墨画作品


 ギャラリー 第三室

  想い出の一品


 ギャラリー第四室 2

  最近の遊書作品


 ギャラリー別館(遊芸館)

  陶芸
  工芸
  木目込み人形
  趣味の書芸



 バックナンバー

 バックナンバー・ギャラリー
 第一室

 バックナンバー・ギャラリー
 第二室 1

 バックナンバー・ギャラリー
 第三室

 バックナンバー・ギャラリー
 第四室  1













バックナンバー・ギャラリー 第三室



 想い出の一品 その 1
                            


                  「円空刻・木っ端佛群像」    P 30 号      1995.07

    この作品は、円空の作品のひとつ「木っ端佛」を群像として描き、1996年に公募展で初めて地元の
 市展に応募、新人賞とも言える市長賞に匹敵する「岡田文化財団賞」を受賞した作品である。それまで、
 審査員の内弟子以外の入賞・入選は難しいとの風評があり、一匹狼的な私の初挑戦にも似た出品には、 周囲の誰も期待してなかっただけに、受賞をよろこんでくれ励ましを受けた作品である。
  なによりも、応募事態が初体験であったのに、鑑賞者のひとりから「この作品の前に来て立ちすくんで
 動けなくなった。何度も観に来た。このような心に響く絵を描き、心に残る絵を描く人は、一体どんな人?
 のでしょう?」という、感想文が寄せられていた、とあとで関係者から聞かされたときの感激は忘れられ
 ない。
 「絵はなんのために描くのか」 「どのような絵を描くべきか」を改めて考えさせられ、よし!、残る余生は
 墨の絵に賭けようと誓った、きっかけにもなった絵である。(今、母校誠之小学校の玄関に飾って頂いて
 いる)。 

   トップページへ